ビットフライヤー Lighting FXで注文の取り消し忘れを防ぐ2つの方法

ビットフライヤー Lighting FX で、割とよくやってしまうのが注文の取り消し忘れて、気がついたら知らないポジションを持ってしまっていること。

ワンチャンスをクモになってじぃーっと待ってドンと狙ったり、あるいは長期的なスパンでトレードをする人には信じられないと思うが、一日に10回20回と売買を繰り返すタイプの人には、「しまった!取り消し損ねていたのが約定してしまっている」ということがある。

ここでは、注文の取り消し忘れをふせぐ方法を2つ確認しておく(他にも気付いたら、随時書きとどめるつもり)。

スポンサーリンク

注文に残りがないか確認

当たり前といえばそれまでだが、建玉が無くなっていても注文が残っていないかを確認する。

残っていれば、その注文を取り消す。

まあ、これで大丈夫はずなのだが、人間である以上どんな人でもつい怠ってしまうこともあるし、もう一つ確認事項を設けておくとリスクを減らせる。

証拠金維持率が0%であることを確認

もう一つは、証拠金維持率が0%であることを確認すること。

注文が残っていると、その分が証拠金維持率に反映される。

注文を取り消して、建玉(ポジション)も注文もなしの状態にすると、証拠金維持率が0%になる。

これで、注文の取り消し忘れは、激減する・・・はず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする