ビットフライヤー Lightning FX チャート止まったまま そんなときは・・・

5月も最後の31日になるちょっと前からビットフライヤーのLightning FX はチャートが止まったまま。

よくあることなので、少ししたら直るかと思ったが、朝になってもそのまま。

正午前ぐらいにようやく回復。

スポンサーリンク

自制心が足りない

こんな状況下にもかかわらず、正午前にショート。

自分の感覚では戻り売りだが、あとから振り返れば、ただの目くらショート。

チャートが動いていなかったので、損切りポイントも決められないまま。

あれよあれよと踏みあげられて、10パーセント以上のマイナスに。

自制心が足りないのは、よくわかっているので、チャートをみないことが重要だといういつもと同じ結論に。

5月反省

1週間ぐらい前には、ちょっと上向きになりかけたが、そのあと続かず。

今年のプラス幅が3桁に。

ドローダウンも、もっとも悪化している状態。

予想とかを見ない

他の人が、YouTubeやブログなどで行っている予想を見ると、どうもバイアスがかかってしまう。

自分では影響ないと思っているが、ぜんぜんそうではない。

そういうのは、見ないようにしよう。

見るなら、マーケットの魔術師とか、メンタル系の本とかにしよう。

指値を忘れない

いったん良くなりかけたあとに崩れた中で、そこまでは届かないだろうと思って指値をせずに放っておいたら、一瞬でそこまで到達してしまったというケースが2度も。

しかも、2度とも、ストップ狩りかのように、そのあとは逆行し、利益どころかマイナスになってしまった。

スプレッドシートはどうする?

スプレッドシートは、細かくつけはじめたら負け出した。

しかし、反省のために必要なことなので、もっと項目を減らしてでも続けていこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする