ビットフライヤーに出金依頼してみた

6月に業務改善命令が出て、大きく出金遅延がおきたビットフライヤー。

入出金はマネーロンダリングに関わるだけに、どうやって確認するのか素人にはまったく謎だが、1か月ほど経ってどれくらい改善されたのか?

8月6日の午前に出金依頼の操作を行ってみた。

【関連記事】
ビットフライヤーからの出金方法を確認しておこう
ビットフライヤーの出金が激速になってビックリ!(2018.9.19)

スポンサーリンク

午前11時30分までなら原則当日着金

原則的には、銀行営業日の午前11時半までに出金依頼をすると当日中、それ以降だと翌営業日に着金になる。

気づいたときには11時半を少し超えたところだったので、最短でも7日になる。

金融機関の処理に時間がかかる場合はどんなとき?

ほどなく届いた「[bitFlyer]ご出金についてのお知らせ」によると、状況により遅れる可能性もお含みおきくださいとある。

さらに、遅延する可能性のある具体的な日付が記載されている。

※毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は、金融機関の処理に時間がかかる場合がございます。

とのこと。

投資は自己資金でというが、明日お金が必要とか切迫したような場合にはビットフライヤーに預けてあるお金は期待できない。

そもそも、ビットコインFXは投資ではないだろうという声も聞こえてきそうではあるが。

出金手数料の高さだけでなく、記載通りの時間で出金できるかわからないとなると、スプレッドの小ささやボラティリティの高さなどの良いほうの条件があっても使いにくくなるなぁ。

【追記】翌日午前に着金

翌日の11時20分に出金完了のお知らせが、メールで到着。

11時27分には、出金先の住信SBIネット銀行からも着金を知らせるメールが到着。

ビットフライヤーからメールが届くことを想定していなかったので、住信SBIネット銀行にしたが、メールでお知らせがもらえるならもうひとつの出金登録先である三井住友銀行でもよかったな。手数料が高いから。

思っただけでそのままになっている、じぶん銀行の登録も済ませるようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする