レバレッジ(証拠金維持率)を変更して5倍に下げた

bitFlyer Lighting FX のレバレッジ(証拠金維持率)を15倍から5倍に下げた。

その理由は、一発当たれば利益も大きいが、それ以上にデメリットのほうが大きく、負けがこんだときにエイヤッ!とさらに傷をでかくしてしまうから。

スポンサーリンク

レバレッジの変更は「設定」から

レバレッジの変更は、音が鳴らないようにするなどと同じく「設定」画面の中にある。

「設定」画面へ行くには、チャート左上の三本線入り〇マークをクリック。

縦並びのメニューの下のほうに「設定」があるので、そこをクリック。

画面を下のほうにスクロールして下げていくと「レバレッジ」の変更できる場所があるので、「5倍」にチェックを入れる

「既存の建玉についても変更後の証拠金率が適用されます」ということは、途中からレバレッジを上げたり、可能な場合は下げたりもできるということかな?

4つまで選べるという「発注数量ボタン」に関しても、(自分にとっての)大きなロットの注文がしづらくなるように、クリア以外は「+0.001」だけにして「+0.01」などを外した。

変更を完了させる「変更」ボタンなどはないので、再度メニューを呼び出して「トレード」に戻る。

それで、レバレッジが変更されていることを確認して完了。

【関連記事】
bitFlyer Lightning fx の音やチャットを消す方法
bitflyer fx のチャートを元のものに戻したい!

レバレッジを下げて良かった点

あきらめモードで冷めきってしまうことはあっても。カーッと熱くなることがほとんどなくなった。

チャートを見つづる必要がなく、必要なときだけ見ればよいので、ある意味片手間にというか、他のこともできて便利。そしてそのほうが気持ちがぶれずに落ち着いてトレードできるような気がする。

レバレッジを下げて悪かった点

分割エントリーではなく、ピンポイントでエントリーして利幅を狙う場合は、レバレッジがそれほど効かないので、想定通り動いても利益幅が小さくなってしまう(もちろん、逆に振れた場合の損も小さいのだが)。

しばらくは、この5倍の証拠金率でトレードしてみる。

【追記】
一時期5倍に設定していましたが、15倍に戻しました。早い段階で損切りできれば、利点のほうが圧倒的に大きいと個人的には思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする